スピアシ

体験や気づきを発信するブログ

ドラッグ&ドロップでグラボが故障

今回は久しぶりに自分の失敗を綴りたいと思います。

 

後先考えないため失敗

先日、デスクトップPCを使用していたところ急に画面が真っ暗になり、何もできなくなってしまう事態になりました。

故障部分はグラフィックボードでして、故障原因は「IllustratorCS5」「Inkscape」「gimp」「Affinity」のお試し版「Photo」「Designer」「Publisher」を入れたPCで、その「Affinity Designer」を操作中のことでした。

 

無料ソフトでとにかく試す

Adobeの使用をやめてからは、そこそこベクター操作ができるということと画像の白抜きが綺麗に速くできるものをずっと探していました。「Clip Studio」や以前当ブログでもご紹介した無料ソフトやクラウド編集の「pixlr」などのお試し版などでいじってみたりしました。ちなみに無料ソフトはそれなりに加工はできるのですが、操作や処理工程にやはり時間がかかってしまうことが少しストレスでした。そんな時に最近「Affinity」が割引になっていたのでまずはお試し版の各ソフトをPCにインストールしてみました。

 

spinach-and-acide.hatenablog.com

 

 

やってしまった‼︎

ちなみに90日間無料の体験使用で「Affinity」自体はこれで売り切りパッケージなの!というようなお得な感じで、使用してみるとショートカットキーもAdobeの感覚で使用でき、そんなに操作に違和感や時間を要するようなことはなかったです。デザインのベクター操作がやや「Clip Studio」に似ているなという感じでした。

いい!と思いながらももしかして過去のイラレCS5ファイルを「Affinity Designer」にドラック&ドロップで・・・と思いやってみたりしたところ・・・見事にCS5から「Affinity」にベクターファイルとして変換されていました。そしてその後よし!その変換できたデータをイジってみようとイジことができたすぐ後に・・・フリーズの後すぐ真っ暗になってしまいました。

 

え、え、

 

ショック後すぐに原因を調べあさったところ冒頭でお伝えしたグラッフィックボードの故障でした。

 

自分にはPCはもったいない

ショックで放心状態でしたが、そこそこ使ってきたPCでしたのでしょうがないのかな・・・と思うようにしました。ショックでしたが、、、

グラフィックボードを買い換えればいいとは思うのですが、自分はそこまでPCに詳しくないですし、正直最近はものすごく重い画像を使ったり加工したりするわけではないので、そう思うと自分には合っていないな・・・PCを持て余しているなと前々から感じていました。

 

今はiPadオンリー

ということで今はiPadを使用しています。

 

このブログもiPadで入力しています。自分には十分でむしろPCの時より使用している時間が増えました。

そして気になっていた「Affinity」はiPad版の「Photo」と「Designer」を50%offで購入できたのでそれを使用しています。久々にソフトを買いましたが、今の方がAdobeのソフトよりも使っていて断然コスパが良くなった気がします。

 

現在も仕事上、主に軽めの写真加工を行いますが、ロゴ制作や画像の白抜き、簡単なイラストは普通にサクサクできます。「Affinity」各種もチュートリアル動画で操作動画がweb上で観ることができるので操作方法もわかりやすいです。

 

そして今ではアプリを駆使してPCの時よりも迷う時間も減り仕事がはかどるようになった気がします。

 

ちなみに・・・

使っていたPCはこれを機会にHDDは抜いて他はジャンク品と中古として売ってしまう予定です。

 

今回のお話はあくまでも自分のことですので自分が言えたことではありませんが、皆さんはご自身に合った環境を踏まえてPCやタブレットを選んでください。動画やイラスト、漫画など大容量を扱う大きな作品はやはり長時間の処理に耐えられるそれなりのパワーPC(+タブレット)がいいと思います。また自分が言えるような立場ではありませんが、スペックや操作感などを試しながらソフトをインストール&使用してください。少しでもフリーズやエラーが見られた場合はPC環境をチェックした方がいいです。本当に言えるような立場ではありませんが・・・。

 

この失敗が少しでも皆さまのお役に立てられれば光栄です。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。