スピアシ

体験や気づきを発信するブログ

生ごみ処理機で肥料を作る-vol.11

f:id:spinach-and-acide:20201201094801p:plain

バジルの様子を公開中

家庭の生ごみから肥料を作り、バジルを育てていっぱい食べたいというシリーズです。

今回も成長の変化をお伝えしていきたいと思います。それではさっそく見ていきましょう!

 

前回のお話▼

spinach-and-acide.hatenablog.com

 

肥料ありのプランターバジル

f:id:spinach-and-acide:20201201091440j:plain

にょきにょき生えてきました。

f:id:spinach-and-acide:20201201091520j:plain

丈の長い苗はそろそろ摘芯できそうです。

f:id:spinach-and-acide:20201201091643j:plain

もさもさ葉も増えてきています。

f:id:spinach-and-acide:20201201091952j:plain

葉に潤いもありバジルの葉っぽいです。

↑ふくらみのあるしっかりした葉が増えてきて、バジルの苗っぽくなってきました。今後、バジル苗は15cmくらいの丈になったくらいで摘心を行っていきます。

 

 

比較用プランターバジル

こちらは肥料なしのプランターバジルです▼

f:id:spinach-and-acide:20201201092857j:plain

やや小さい感じですが、成長しています。

f:id:spinach-and-acide:20201201093005j:plain

葉も何とか増えています。

↑葉が小さい、またはしわ感が多いため、成長にも影響が出ているのではないのかな…といった感じです。

 

 

今後は

次回は摘芯した後の苗の成長をお伝え出来たらと思います。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。