スピアシ

体験や気づきを発信するブログ

生ごみ処理機で肥料を作る-vol.10

f:id:spinach-and-acide:20201125104041p:plain

今回のバジルの様子は・・・

家庭の生ごみ肥料を使用したバジルを育てて約2ヶ月が経とうとしています。前回からの成長はどうなったのかさっそく見ていきましょう。

 

前回のお話▽

spinach-and-acide.hatenablog.com

 

肥料アリのバジルプランター

生ごみ肥料の入ったプランターのバジルです▽

f:id:spinach-and-acide:20201125094121j:plain

もさもさ成長中です。

f:id:spinach-and-acide:20201125094327j:plain

葉が増えてきました。

f:id:spinach-and-acide:20201125094357j:plain

美味しそう・・・。

↑ちなみに、画像処理はサイズ加工(ブログ用サイズへの切り抜きによる処理)のみしかしておりません。葉の色は天然の生えてきたままの色です。肉眼で観ても青々とした緑色で、葉と茎ともにしっかりしています。

ここまで追肥はしておりません。栄養分は生ごみによる肥料のみです。

 

 

肥料なしのバジルプランター

比較用のプランターも見ていきましょう。こちらは普通の土(ホームセンターの野菜用の土のみ)のプランターのバジルです▽

f:id:spinach-and-acide:20201125095121j:plain

こちらも成長中です。

f:id:spinach-and-acide:20201125095150j:plain

乾燥に弱いのか葉がしわしわです。

f:id:spinach-and-acide:20201125095508j:plain

小さいながらにも頑張っています。

↑肥料なしは苗全体的に乾燥に弱く、葉がしなびた様になっています。

 

 

今後は

天候にも恵まれていることもあり、葉が増えてきてより成長が加速してきています。天候次第ですが、このまま成長してモッサモサになることを期待しています。

ということでもう少し成長した後に摘心(先端を摘み取り、脇芽を増やすこと)をする予定です。今後も観察していきたいと思います。