スピアシ

体験や気づきを発信するブログ

集中と遮断

f:id:spinach-and-acide:20200908121143j:plain
今回は集中と遮断というテーマでお送りします。

集中する時と遮断する時

前回家鳴りのお話をさせていただきましたが、管理人は気が散りやすいタイプと自分でも思っております。

 

ここぞ!という時に雑念が入ってしまうと、管理人はいっきにテンションがダダ下がりになります。その後すぐまた自分自身に戻って集中することができればいいのですが、今度は雑念を気にしながら集中していくようになってしまうので、何事も効率が悪くなってしまうのです。

ということで、今回は管理人が集中するときにしていることを、お伝えしていけたらと思います。

 

前回のお話>>家鳴り体験 ※怪談話ではありませんよ~

 

微妙に聞く

集中しながらも微妙に聞かなくてはいけない時もあります。そういう時は耳栓を使い分け使っています。

▼雑音は気にならない程度で、チャイムや近くの会話には気づきたい時

f:id:spinach-and-acide:20200908121318j:plain

中に空洞加工がされていて重要な音は聞こえやすくなっているタイプ

▼微妙に聞こえてもいい時

f:id:spinach-and-acide:20200908121957j:plain

そこそこ聞こえにくいタイプ

 ▼睡眠時

f:id:spinach-and-acide:20200908122127j:plain

大きな音以外は聞こえにくいタイプ

以前は雑念に気を取られやすかったですが、最近は集中したい時は自分の場合は集中できなくなる前から耳栓を使用するなどして耳から聞こえてくる関係のない情報をシャットアウトします。

 

 

聞いているようで遮断する

もう一つの遮断はご存じのヘッドホンです。

管理人はあえて、ノイズキャンセリング機能が搭載されている物を必ず選びます。

以前はノイズキャンセリング商品は高額でしたが、今では各社リーズナブルな価格で手に入る機種も多くみられるようになりましたし、最近はイヤホンタイプでも普通にあるのでとても迷いました。また充電の持ちも良く、Bluetoothで使用でき快適になりました。今回は前回の物が今年になって壊れてしまいましたが、また同じヘッドホンタイプにしました。 

f:id:spinach-and-acide:20200908122523j:plain

2代目ヘッドホン

上の画像が今現在使っているヘッドホンです。耳を覆う部分が正円のコンパクトなデザインのため、長時間はやや耳の外側が痛くなってくるというところです。

値段を考えると、いい方だとは思いました。(ちなみに店舗で6,000円代くらいでした。)

やはり初代のヘッドホンがそうだったのですが、それなりの値段ですと痛くないような大きさやデザインの仕様になってくるとは思います。

好みによりますが、こだわりがなければイヤホンタイプも選択肢があると思います。

 

ということで、このヘッドホンをしてSpotifyなどの音楽ストリーミングから英語のニュースなどを流し作業します。

管理人はほとんど英語がわかりません。ですが洋楽は曲ですので集中できなくなります。

ここでポイントなのは、理解できない物を流すです。理解できないので集中できるということです。これを試した当初はさっぱりわからないのですが、次第に妙にやる気だけは出てくるので、今ではこの手法をおこなっています。

今では様々な国の知らない言語のポッドキャストなどを流してみたりもしています。

逆に海外でラジオを聞いているかのような時もあり面白いです。

音量も大きいと逆にうるさかったりして集中できないので、カフェにいる感じくらいの程よい低音量にして使っています。

 

 

W使いでさらに集中

上記に挙げた耳栓とヘッドホンを更にW使いする時もあります。

この方法は、ヘッドホンの音量によっては、結構聞こえないのでかなり注意が必要です。

本当に集中したい時はこの方法をする時もあります。

 

まとめ

管理人自身、今でも集中できないときもあるので、試行錯誤中です。

管理人の場合、気を他へ向けるよりかは、自分に集中してしまった方がはるかに気分も効率も良くなったりする時もありますので、場面によって使い分けています。

耳栓は、耳炎やアレルギー性疾患がある場合は、医師への相談をするようにしましょう。また、ヘッドホンの長時間の使い過ぎは、聴覚への悪影響や耳の病気の原因になりますので気をつけましょう。

耳栓、ヘッドホンは聞こえ方にも個人差がありますし、音楽機能が必要なければ、今はイヤーマフも豊富にありますので色々試してみて下さいね◎