スピアシ

体験や気づきを発信するブログ

熟睡したいっ!ーまとめー

『熟睡したいっ!』のお話のまとめになります。

下記の方法や結果は、管理人の一個人による経験上のものです。必ず個人差があり、人それぞれ普段の生活環境は全く違いますので、全く同じような結果は得られませんのでご注意ください。あくまでもご参考程度でご紹介させていただいております。

眠れなかった原因は・・・

f:id:spinach-and-acide:20200902101542j:plain

間食だと気づく

管理人の場合は、

◆チョコレート菓子の暴食により、身体の不調がわかりました。

◆夜寝る前に油っぽい物を摂っていると、胃が活発のまま休まらずに胃液が食道を行き来していたため寝付きにくい時もあったりしました

↑ミルクチョコレートなどのお菓子には砂糖が含まれているため、管理人の場合は、毎日一度に大量食べ続け、冷え悪玉コレステロール値の異常、更に最終的には睡眠にも少なからず影響していたと思います。

f:id:spinach-and-acide:20200831182058j:plain

 

どうしても甘いものを食べたかった場合

◆お菓子はカカオ率の高いチョコレートに、料理は甘味調味料としてハチミツに替えました。

◆どうしてもお菓子が食べたくなる場合は、余裕があるときに自分オリジナルの材料や量でお菓子を作り置きしそれを食べています。

↑ハチミツはやや値が張る分、貧乏くさいかもしれませんが、自然と少量ずつ食べるようになりました。

↑オリジナルのお菓子は冷凍しておき、食べたい時にレンジでチンして食べています。

とにかく無理なく、楽しむというイメージで継続しています。

 ※蜂蜜は、乳児には与えないようにしてください。

お砂糖の過剰摂取を控えると・・・

管理人の場合は、

>>体の冷えが改善しました。

>>身体本来の働きが戻り、結果現在は眠れるようになりました。

以上が今回管理人の体験した不眠の原因でした。

 

まとめ

管理人は不眠体験した以降は、今現在も以下のことに注意しています。

  • 甘いお菓子の食べ過ぎ。
  • 砂糖の多いジュースやスポーツ飲料、栄養ドリンク、カクテル系のお酒は極力控える。
  • お砂糖を使ったお惣菜や外食は気をつける。

今でも楽しみながら続けられるように工夫をしている最中です。

 

放っておかずに診てもらう

現在は、専門のクリニックがたくさんあります。

管理人も今回は原因がたまたまわかりましたが、ともあれ『熟睡したいっ!』のお話でもお伝えしておりますが、クリニックで不眠について診てもらいました。

もしも普段から食生活を気をつけているのにも関わらず、眠れないないなどの不調の症状がある場合は、必ず医療機関を受診しましょう。

 

過去のお話はこちらから▼
熟睡したいっ!ーその1ー
熟睡したいっ!ーその2ー
熟睡したいっ!ーその3ー
熟睡したいっ!ーその4ー
熟睡したいっ!ーその5ー
熟睡したいっ!ーその6ー

▲トップへもどる